トップへ戻る

ミュゼ・プラチナムでの機械と方法

ミュゼ・プラチナムでの機械と方法

横浜でムダ毛処理の施術のイメージ画像

 

わたしはサロン「ミュゼ・プラチナム」に、不定期ですが数年通っています。

 

ミュゼ・プラチナムでは、希望日時に空いている店舗や近くの店舗など、毎回違う系列店舗にて施術を受けることも可能なのですが、先日、大阪の繁華街の店舗に予約をしていくと、脱毛の機械が変わっていました。

 

バージョンアップしたようです。これまでの機械は、ムダ毛箇所にジェルを塗り、一か所ずつ光を「ピッ」「ピッ」「ピッ」というように、スタッフの方が機械の照射部を肌につけたり離したりしながらおこない、終わった後はジェルをふき取りしばらく(5分ほど?)冷たいタオルをあてて冷やすという施術方法でした。

 

しかし、バージョンアップした機械では、擬音でイメージするならば「ピピピピピ…」といった感じでしょうか。照射部を肌から離すことなく、肌にスライドさせていく中で光が自動で毛に反応して脱毛していってくれるという感じでした。

 

鼻下や手足先など小さな範囲の部分は、これまでどおりつけたり離したりでしたが、ひざ下や背中など広いエリアの脱毛は、この方法で大幅な時間短縮にもなるそうです。そして、機械もですが施術後にケアするクリームも新しくなったようで、施術後の肌にクリームで軽くケアをすると、いままで冷やしていた行程をなくすことが可能になるとのことでした。

 

VIOや鼻下などは少し冷たいタオルやガーゼなどで冷やしますが、大きなパーツの部分のクールダウンの時間や手間が省け、こちらも時間短縮になります。

 

脱毛横浜ランキングはこちら